スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:--:-- CM(-) TB(-) カテゴリ:スポンサー広告

私的鈴鹿ネオスタ攻略(初心者見解&初心者向け)

レーサーに関してはストレートはほぼ無双状態なので割愛。



ライダーに絞り込んでみます。



DSC00179_R.jpg


この走法は自身の体験と様々な方からのアドバイスをまとめたものです。
あくまでNinja250R・R4のレーサーを基準にしています。VTRとCBRはわからんw


・1コーナーはノーブレーキで突っ込む
 →1コーナーは2コーナーのための減速区間と考える
 完全に度胸試し
 でも下りのストレートは慣れないとめちゃくちゃ怖いので、
 慣れなければ1コーナー手前の白線ラインでアクセル解除→5速で1コーナーへ突っ込む
 2コーナーの立ち上がりで4速に切り替えて2コーナーを抜ける



・S字コーナーから最終コーナーまでは4速11000回転以上をキープ
 →それ以下だと絶対他のバイクに抜かれる
 その速度域だとうまくレコードラインを走れないというのはバイクの倒し方が甘い、多分膝擦れてない、左右の切り返しが遅い


・膝擦りで調整できなければ大人しくスロットルで調整する
 →ときには妥協も必要
 特に逆バンクは膨らみやすい
 膨らむくらいならアクセル緩めた方が早い


・最終コーナーは一度膨らみ、脱出に向けて切り込む→4速9500回転以上をキープ
 →出口側で膨らむと路面に段差があるのでバランスを崩しやすい
 減速しすぎるとストレートに繋げない
 切り込めないとオーバーランする可能性大
 切り込みすぎるとレコードラインから外れる



ストレートは14000回転でシフトアップ
 →13000~14000回転で伸びる伸びる
 R4のレーサーに限る
 他のレーサーは仕様が違うので何とも言えない



・スリップストリームを有効に使う
 →ストレートで前に他のレーサーがいたら絶好のチャンス
 スリップから抜け出すタイミングが早いと抜く前に1コーナーに突入、
 遅いと追突の可能性があるので自信がなければ抜けるタイミングを早める
 逆にスリップに入られたらラインをずらして振り払う
←多分そんな余裕はない


・膝擦り時は赤白ゼブラに膝擦ってるくらいのラインがレコードライン
 →実際に赤白ゼブラで膝擦ると凸凹でバランス崩すのであくまでイメージ
 赤白ゼブラはコーナーの目安
 コース幅を目いっぱい使う





これが全てではありません。

もっと回転域が高い人だっているでしょうし、スロットル調整なんか使わない人だっているでしょう。

あくまで主観と周りの人のアドバイスを参考にしただけなのでご了承ください。



とりあえず、次回ネオスタライダーのヒロくんとトモさんにはこれを頭に叩き込んで動画を用いたイメージトレーニングをしてもらう予定w
←スパルタ黒春夜

2011/11/19(Sat)07:38:42 コメント(2) トラックバック(0) カテゴリ:ネオスタ関連
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。