スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:--:-- CM(-) TB(-) カテゴリ:スポンサー広告

R6復活作業

大雪に見舞われた茶臼山で変わり果てた姿となったR6。


当然修理が完了するまで乗れないのですが、その状況でもトモさんが浜松に来いと言ってきたりでその間はR2で過ごしました。



さて修理するわけですが、R2はプレジャーにまかせっきりだったのでR6は自分でやるぞ!ということでまずは簡単なところから修理。



1.ステップ修理

ステップバーとサイレンサーステーを破損してしまった右ステップ。


DSC00496_R.jpg


DSC00497_R.jpg



男のタイラップ留め仕様。



ステップバーは交換でも安くつくけどサイレンサーステーはそうもいかない。



ならいっそのこと右ステップ一式を交換しちゃえばいいじゃんということでヤフオクで純正ステップ新品(左右セット)を5kほどで落札。



DSC00498_R.jpg


DSC00500_R.jpg



なんか結構簡単に直ってしまいました。




2.カウル修理


傷、割れ、欠けだらけになったカウル。


DSC00488_R.jpg


DSC00489_R.jpg



DSC00490_R.jpg

電撃マーク…(゜Д゜)!



これも新品に交換すれば早いのですが、いかんせん高い!


割り切りと思い切りが必要になります。


割り切り→中古で状態と値段で妥協して買う

思い切り→修復する


ということでテールカウルは状態のいいものを15kで購入。高い…。


右カウルは自分で修復することに。


というわけでバラシ作業開始。


DSC00501_R.jpg

サービスマニュアルないけど勘を頼りにバラし始めて…。



DSC00502_R.jpg






DSC00503_R.jpg


15分後くらいには外せました!



修復するに当たってR2でいうところのブーメランとカウルをバラします。



ブーメランは塗装剥げ、擦り傷が多く、欠損は特になし。


カウルは一部大きく欠損しており、ささくれもたっぷり傷もたっぷりという状態。


まずはブーメランを直します。


擦り傷がメインなのでまずは150番のサンドペーパーで磨いて…。


次にパテを塗ります。


自分が使ったパテは→コチラ

厚づけパテにした理由は後ほど。


初めてのパテ工作でしたが、事前に勉強していたのですんなり完了。


パテが完全に硬化したらまた150番の耐水サンドペーパーで磨きます。


これを2回繰り返したものがコチラ。


DSC00507_R.jpg


DSC00508_R.jpg


DSC00509_R.jpg


DSC00510_R.jpg



傷にパテが埋まっているのがわかります。


次に320番を当てて次に600番、1000番をあてて塗装準備完了。



次はカウルの方ですが、こいつの損傷がひどい…。


無題_R


右上はまだパテでなんとかなりますが、左下が…。


とりあえずささくれをとって思い切って切り捨てた部分も。


普通のパテではどーしよーもないのでねんどパテで対応することに。


仕様したパテは→コチラ


粘土と同じ感覚なので盛りやすい。


ねんどパテで盛って硬化したあとに150番で水研ぎ。


そして細かい部分の修正にブーメランと同じパテを使ってまた研いで…。


結局ここまで復活させました。

DSC00511_R.jpg


DSC00514_R.jpg


DSC00512_R.jpg



触ってみてもまずわからないところまでいけました。


次は塗装です。


ブーメランは艶消しブラック(マットブラック)、カウルはブラックメタリックです。


ここは必死にやっていたので写真なしw


ちなみにねんどパテの部分は塗装失敗しました…orz


厚く盛り過ぎたせいでねんどパテにピンホールができていました。


本来ならピンホールを見つけた時点でもう一回パテ盛りしなければならないのですが、それに気付かなかった…orz



完成した写真がコチラ。


DSC00518_R.jpg


DSC00519_R.jpg


DSC00520_R.jpg


DSC00522_R.jpg


DSC00523_R.jpg


DSC00524_R.jpg



ピンホールが完全に目立っています…(´;ω;`)


本当に泣きそうだった…。


仕方ないのでここはステッカーを貼って隠す方向に持っていきます…。




3.アッパー修復


DSC00504_R.jpg


DSC00505_R.jpg


DSC00506_R.jpg


DSC00491_R.jpg


DSC00492_R.jpg


DSC00494_R.jpg


DSC00495_R.jpg



リフレクターまでガッツリ割れたヘッドライト&アッパーカウル。


こいつは諦めるしかないので交換で対応します。


ヘッドライトAssyは新品で50k近くするのでちょいとキツいです。


というわけで必殺のメイド イン チャイナ!w


中国で作られているR6ヘッドライトAssyを入手です。


コチラは新品かつ中国からの送料込で22kほど。


右アッパーカウルと右インナーカウルも割れて使い物にならなくなっていたのでこれは純正新品を購入。

アッパーが7kでインナーが0.6k。

インナーカウル、異常に安かったです。


これらを組んで完全な状態に復元完了!





4.タンク修復


現在こいつの作業をしています。


DSC00487_R.jpg


タンクの石膏が割れてます。


タンク自体は凹んでいなかったのが不幸中の幸い。


デコボコをサンドペーパーで削り、必殺のパテ埋め!


現在はパテ後の研磨は終了し、塗装待ちの状態です。






1月中にはR6復活できそうです!

スポンサーサイト
2012/01/10(Tue)22:56:21 コメント(8) トラックバック(0) カテゴリ:YZF-R6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。